東京の探偵料金案内Web

東京の探偵料金について案内します。

盗聴発見調査の料金設定について

探偵の業務には特殊な調査業務がいくつかあります。その中でも一番特殊と言える調査業務に、盗聴発見調査があります。この盗聴発見調査はその調査業務の名の通り、隠された盗聴器を見つけ出す調査です。

この盗聴発見調査の料金は、探偵の他の業務の料金設定とは若干違っており、依頼をするときには注意をしなくてはならない調査業務でもあります。

何故、他の調査業務と料金設定が違うのかといえば、調査に使うのが、調査員の他に、数々の調査機材があるからです。
調査機材の数が沢山必要になる理由は、盗聴器の発している電波をキャッチするためです。電波は人間の目で見ることが出来ません。そして、その電波を発信している盗聴器は極々小さいものばかりで、はたから見ると、そこに盗聴器が仕掛けられているとは気がつかないこともしばしばあります。

そして、盗聴器を見つけるための機材の数が増えてしまう、また機材ごとの性能も違ってくることから、料金設定が大きく変化してしまうのです。

盗聴発見調査の料金設定をわかりやすく表現すると、調査をする部屋(または建物の大きさ)などで、使う機材の数と性能、そして調べる部屋の数などで料金設定が変化していきます。どうしても調査をしたいという場所を限定しておけば、調査費用を少し抑えることが出来るはずです。

[ ▲ 先頭へ戻る ]